脱毛お役立ち情報

毛抜きを使って無駄毛を処理する際のチェックポイント


毛抜きを使って無駄毛を処理すると、毛の根元までしっかりと抜くことができてカミソリなどで剃るよりも効果が長続きするため処理の回数が少なくて済んだり、カミソリのように処理をした翌日にはすでに無駄毛が生えているということもないため行っている人も多い処理法です。


しかし注意点を守って処理をしないと後でトラブルの元となってしまいます。


毛抜きを使う時には、毛の生えている方向に向かって抜くようにします。生え方に逆らうようにして抜くと痛みを感じたり、毛の流れに逆らうため途中で無駄毛が切れてしまうことがあります。また、無理矢理力を入れて抜く処理方法のため、毛穴を開いた方が無駄毛が抜けやすくなります。


処理を行う前に蒸しタオルを利用して毛穴を開かせたり、お風呂に入った後に処理をするようにすると無駄毛を抜くときの痛みを軽減することもできます。無駄毛を抜くときには皮膚を引っ張りながら抜くようにします。そして抜いた後には肌を冷やすようにします。特に赤くなっているようなところは炎症が起こっているため、念入りに冷やすようにしましょう。


毛抜きを行った脱毛で一番気になるのは埋没毛です。新しい毛が生えてくるまでに毛穴が皮膚に覆われてしまい、生えてきた新しい毛が皮膚の下に埋まってしまうものです。黒くぽつぽつとした状態は見た目にも良くありませんし、そのまま放置しておくと肌に炎症が起こってしまう可能性があります。


これは無駄毛を処理するときに強く引っ張りすぎたり周りの皮膚も一緒に引っ張ってはがしてしまうことで皮膚が再生して毛穴をふさいでしまうのです。毛抜きで処理するときには周りの皮膚を傷つけないようにすると埋没毛を防ぐことができます。


そして処理を行った後には化粧水やクリームでしっかりと水分を与えて保湿するようにします。もし皮膚を傷つけて血が出ているような場合にはばい菌が入って可能する可能性もあるため、消毒を行っておくようにしましょう。